小学校受験に限って言いますと親の受験と言っても過言ではないそうです

先輩方の反省を生かして☆受験に勝つ

小学校受験の経験

幼稚園や中学校など、本来公立であればやらないような受験っていろいろありますが、小学校受験に限って言いますと親の受験と言っても過言ではないそうです。
ひとまず、大型書店に行き首都圏で有名だというお受験塾のテキストを買って来ました。
そして「親の心得」というような本を読み漁り、親がすべきことは何かとか真剣に考えました。
小学校、特に男の子で国立系のお受験であれば、常識的なことをしっかりやる。大人しくする場面では大人しくする。やる時はやる。
この辺りをしっかりやればいいのではないかと思いました。
結果と言えば、私の面接の時に「両親が仕事をしているのは大変ですね」という事を言われ、子供といえば初対面の大人に恥ずかしがって一言も返事せず…ということで撃沈でした。
現在は、私の勤務先の校区にあたる公立小に通っておりますが、昼休みなどにヒョイと参観に行ったりも出来るし、我が家にはこれで良かったのかなあと思います。


Copyright (C)2019先輩方の反省を生かして☆受験に勝つ.All rights reserved.