僕がお世話になっていた、修行していたころのお話です

先輩方の反省を生かして☆受験に勝つ

小学校のお受験と言え

僕がお世話になっていた、修行していたころのお話です。
僕は東京は葛飾区の接骨院に修行をさせてもらっていました。そこの先生の二人の息子さんが立教小学校を受験しました。
一緒に昼や夜は食事を共にしていたので、ある程度は理解していたつもりでしたが、小学校のお受験と言え、厳しかったようです。
聞いた話しによれば、両親の面接なども重要で、僕が想像するのに、学費の取り損ねだけでなく、両親がしっかりした人物であるかどうかもチェックされたようです。
僕が住む、地方都市では小学校のお受験など縁がありませんが、さすがは東京で、しかも地位や名誉を持ち、しかもお金に困らない人たちは、子ども達には将来の進学までをも見通して、小学校のお受験をさせるんだな、とその頃僕は考えていました。
嬉しいことに、二人の息子さんは見事、立教小学校に合格し、学年ごとの試験にも、何とか無事に通過し、立教中学校にまで進学しました。
僕も池袋まで立教小学校に1、2度、休日のイベント時は送り迎えもした経験がありました。


Copyright (C)2019先輩方の反省を生かして☆受験に勝つ.All rights reserved.